最終遊説若葉町

地域に、立川に自分が受け入れてもらえた。その感謝しかありません。多くの方が助けてくれて、励ましてくれて、感謝をしてくれて。

何よりも四年前に比べて応援をしてくれる人が増えたこと。

若葉町に来た時には海の物とも山の物ともわからない。どれくらいの能力があって、本当に地域のために働けるのかもわからない。

どんな人間なのか。

それを証明する四年間でした。

足りないものもある。もっと出来るだろと言われることもある。

これからの四年間を次はどのように創るのか。

想うところはある。やりたいこともある。希望もある。

ただただ向き合っていきたいという想いを語らせて頂きました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる